SponsoredLink

マーガレットハウエルの「家」という本について

マーガレットハウエルの「家」という本をご存知ですか?1989年から17年間にわたって、マーガレットハウエルの取材で、LEEと言う雑誌に掲載されました。


マーガレットハウエルの家が掲載されるたびに、インテリアやその暮らしぶりに大きな反響を呼んだのだそうです。「私のお手本です」と言っているインテリアやファッション関係の人もいるくらいなのだとか。


この、マーガレットハウエルの「家」という本は、今までの雑誌に掲載されたマーガレットハウエルのインテリアスタイルを再編成して、さらにマーガレットハウエルの新しいセカンドハウスなどのインテリアも紹介されているのだそうです。


この本には、自宅やショップ、また休日を過ごす場所などのインテリアが紹介されているのですが、どれも古い建物の内装を自分たちで改装したというものばかりで、いろいろな時代のものを取り入れつつも違和感なく落ち着いて見えます。また、建物に十分な光が取り入れられているということがマーガレットハウエルのお気に入りの点なのだそうですよ。


マーガレットハウエルの概念「モダン」も、スタイリッシュではなくて、機能性や合理性を考えて生まれた温かみのあるデザインです。


このマーガレットハウエルの「家」という本を読むと、きっと「こんな素敵なセカンドハウスに住んでみたい」と思うと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5822859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック